フコイダンTOP > フコイダンあれこれ
space.gifフコイダンあれこれ
フコイダンが生まれるまで
「シーフコイダン」は、今から10数年前に福岡県久留米市の株式会社堀内で生まれました。同社は、30数年間に渡り、もずくなどの海藻を加工製造する老舗のメーカーです。

フコイダンは、もずくを始めとする海藻から抽出される物質です。ですから、そんな同社が、フコイダンの研究開発をすることは自然の流れでした。九州大学、福岡大学、久留米大学などの地元の大学研究機関や企業と連携しながら、開発され、改良が加えられて完成度が高められてきました。

真面目なもずく屋が、情熱と丹念に作り上げた「シーフコイダン」。メーカーは「いいものをつくることに専念したい」とのこだわりから、販売はわたしたち販売店に任され、発売開始から10年、お客様の感動・感激のお声を励みに成長し続けています。
フコイダン開発秘話
 フコイダンの摂取には、致命的な問題が一つありました。それは、フコイダンの分子量が、腸管で吸収できる大きさのはるか40〜100倍の大きさで、体内に吸収されるどころかムダに排出されてしまうということでした。

「どうにかして、このフコイダン成分をカラダ中に行き渡らせることができないのか」社長みずから思い悩んでいたある日、「海藻を食べて生きている生物にヒントがあるのではないか」と閃きました。すぐさま研究陣営に調査させたところ、アワビなどの貝類の消化酵素にたどり着きました。

「この酵素を使えば、分解できる。」その強い確信と信念のもと、社長みずからの足で日本はもとよりニュージーランド、オーストラリアなど世界中をまわり、より分解能力の高い酵素を探し出したのでした。
 こうして、シーフコイダンの最大の特徴である「超低分子」が生まれたのです。

フコイダンの選び方
1.汚染のない海域でとれる原料を使用していること
2002年6月の朝日新聞で、「沖縄のヒジキから鉛が検出された」と衝撃的な記事が掲載されました。米軍が海面に向かってクレー射撃をしていた付近の海底にたまった散弾から鉛が溶け出し、近海のヒジキがそれを吸着、含有してしまったという内容でした。
これは、ヒジキ、もずくなどの海藻類(フコイダンの重要な構成物質である硫酸基)と、鉛、水銀などの重金属、放射性物質、化学物質などが非常にくっつきやすいという性質を持っているために起こったものです。いったんくっついた重金属を外すためには、硫酸基ごと除去しますが、フコイダンの構成物質が欠けることになります。

ですから、フコイダン商品を選ばれる際には、海洋汚染のない地域で育まれる海藻が原料であるということ、が重要になってきます。
その点、シーフコダインは、海洋汚染のない南太平洋トンガ王国産の天然もずくを厳選し、使用していますので、ご安心ください。また、トンガ海溝から上昇してくる海洋深層水にゆっくり育まれた天然もずくなので、最高品質のフコイダンを含有し、ミネラルも豊富に含んでおります。
2.低分子加工されていること
通常のフコイダンの大きさ(分子量約30万〜約160万)ですと、腸管から吸収される大きさ(分子量3000〜5000)よりも遥かに大きく、吸収されずに排泄されてしまいます。
シーフコイダンは、その80%が分子量500以下で、腸管はもとより体内細胞へ浸透していきますので、効率よく吸収できるようになっています。
3.硫酸基の結合量が13%以上あること
フコイダンの重要な構成物質に硫酸基があります。
シーフコイダンは低分子化されていて硫酸基がバラバラになっているのでは?とご心配されるかもしれませんが、実は、シーフコイダンには高分子フコイダンも配合され、硫酸基の結合量は17%と、フコイダンの生理的活性に必要な13%を、十分上回っておりますので、ご安心ください。
4.フコイダン含有量の表示には注意
フコイダンの含有量を強調する商品が多くなってきましたが、フコイダンについては未だ明確な定義づけがなされていません。そのため、公的検査機関によるフコイダンの分析・測定は現在のところ実施されていません。(2006年1月現在)

従いまして、各メーカーが提示しているフコイダン含有量は自社規格での数値であり、公的な検査機関で証明されたものではない、ということにご留意ください。
弊社としましては、上記事情を踏まえ、コンプライアンス(景表法への抵触防止)の観点から、フコイダン含有量の自称表示は控えさせていただいております。
5.原料による差異の喧伝には注意
最近、コンブ、メカブ、もずく、ガニアシなど、由来する原材料による差異を喧伝している傾向が見受けられます。
しかしながら現在のところこれらの点に関する学術的根拠は存在しておりません。原料藻体による差異が仮に認められるとするならば、それはフコイダンの抽出法、精製度による純度の違いであろうと考えられます。
6.長年の使用実績があること
最近では、私たちがフコイダンの販売を開始した10年前と比べ、フコイダン商品も品数が増えてきました。普及に尽力してきた私たちとしては喜ばしいことですが、ちょっとしたブームになってくると、売れるという理由だけで商品化をする企業も出てきます。

シーフコイダンは販売開始から10年。お客さまからの叱咤、激励をいただきながら改良、改善を行い、お客さまとともに歩んできた商品です。安心してお奨めできる商品だと自負しております。
フコイダンメニュー
フコイダンとは?
フコイダンとは、とても注目されている海藻成分。フコイダンのご紹介。
シーフコイダンとは?
フコイダン含有量が多いトンガ産の貴重な天然もずくを贅沢に使ったシーフコイダンのご紹介です。
フコイダンあれこれ
フコイダンの正しい飲み方・選び方の基礎知識から、フコイダンの開発秘などおもしろ豆知識を集めました。
新着ニュース
フコイダンに関する最新情報や気になる話題を取り上げています。
ご愛飲者の声
シーフコイダンご愛飲者の声をご紹介しています。
フコイダンに関するq&a
フコイダンの疑問について専門アドバイザーがお答えいたします。
オラシオンについて
専門アドバイザーによる安心サポート!オラシオン
特定商取引について
プライバシーポリシー
サイトマップ
フリーダイヤル:0120-251-015
 【受付時間】 10:00〜18:00(祝祭日定休)
※HPだけの特別キャンペーンですので、電話では「HPを見た」とお伝えください。

フコイダンTOPフコイダンとは?シーフコイダンとは?フコイダンあれこれフコイダンをご愛飲のお客様の声フコイダンQ&A
オラシオンについてフコイダン注文フォーム特定商取引についてプライバシーポリシーサイトマップ
保存方法についてもずくを食べる理由トンガ産もずくとはフコダインとは
株式会社オラシオン 〒108-0075 東京都港区港南2-16-8-1304
フリーダイアル:0120-251-015

フコイダン